MayJ.の本名や彼氏との熱愛が気になる!嫌われる性格や歌唱力について!

MayJ.は若い女性から支持を受けてますね。
圧倒的な歌唱力と容姿も美しいため人気があります。
幼い頃から音楽の英才教育を受けてるんですね。
本名が気になります。
性格も嫌われてしまうという噂も多いです。
そんなMay Jについて書いてみますね。

[ May J. ]


スポンサーリンク

May J.のプロフィール


本名:橋本芽生
年齢:1988年6月20日(28歳)
身長:159cm
出身:神奈川県横浜市
職業:歌手
事務所:NEW WORLD PRODUCTIONS
  • 父親は日本人、母親はイラン系のハーフです。
  • マルチリンガルの家庭で育ち英語、日本語、ペルシア語が話せる
  • 3歳から作詞作曲、西洋音楽、アジア、中東民族音楽まで幅広い音楽教育を受ける
  • 8歳のころにオペラを習い腹式呼吸や声の出し方など、歌唱の基礎が身に付けた。
  • 2002年頃に数々の賞を受賞
  • 2006年ミニアルバム「 ALL MY GIRLS 」でデビュー
祖母がロシア系です。
他にもスペイン、イギリス、トルコの血筋が混ざっているようですよ。
言語力も素晴らしく、音楽のエリート教育も受けた素晴らしい人物です。


こちらの曲は作曲が小室さんで作詞がつんくさんの初のタッグによるものです。
「Have Dreams!」





本名と芸名の由来は?


May Jの本名は橋本芽生(はしもと めい)といいます。
意外と苗字は普通ですね。
名前は可愛いです。
May JのMayは本名の名前からとっているようですね。
「J」についてはペルシア語で美しい、才能溢れるという意味のジャミーレから取っています。
「Jamileh」の頭文字ですね。


抜群の歌唱力について


上記で述べた幼少からの音楽の英才教育を受けていた事があります。
オペラを学んで腹式呼吸や発生方法も学んでいます。
加えて多くの経験もありMay J.の歌唱力は抜群です。

売れる、売れないは別です。
しかし歌に関しては誰もが上手いと認めるはずです。


カラオケ番組でのやらせ疑惑!?


「関ジャニの仕分け∞」に出演した事がありました。
番組では歌姫と呼ばれ圧倒的な歌唱力で人々を感動させています。
カラオケで大会でを競い合っていますが連勝しているMay Jに「やらせ疑惑」があがってます。

MayJは音程を外したのに外していない人に勝利するなど違和感があるとの事でした。

ただカラオケで採点機を使った事がある人は分かると思いますが、機械という事もあり、判定も微妙ですよね。
高得点=カラオケがうまいというわけではないです。
音程外しても高得点が出る事もあります。

MayjがHYの「366日」という曲を歌いました。
これがMayJ.の人気を爆発させました。


現在は21連勝無敗中です。
どこまで続くか期待です!!


【追記】
2014年5月に26連勝でMayJが負けてしまいました。
勝った相手はサラ・オレインです。


どんな人でどんな歌声かを知りたい人は動画をどうぞ!
「糸」を美しく歌い上げます!





彼氏と恋愛ついて


May J.の初恋は16歳のころだそうです。
当時の彼を凄い好きだったが彼が海外へ留学することになった。
遠距離が辛く、そして分かれる事になったそうです。

2014年6月にはデートをフライデーにスクープされました。
相手はモデルの尚玄さんです。
尚玄mayj

1978年生まれのためMayJより10歳も年上ですね。
身長も184cmとさすがモデルというルックスですよね。
MayJは交際について聞かれると「すいません・・・」と頭を下げていました。
否定はしていないので交際を認める形になってますね。
May Jの彼氏としてはお似合いですね。


オリジナル曲が売れない理由は?

美人で歌も上手いのですが曲が売れないです。
理由はオリジナル曲に個性が無い、薄っぺらい、曲が悪いなどが原因のようですね。
曲とMayJ.の声が合ってないなどの意見もありました。
まとめるとプロデューサーが悪いという事になりそうですね。

同じように歌とルックスが抜群なのにオリジナル曲が売れない人がいます。
ものまねタレントでオリジナル曲もだしてる青木隆治さんです。
詳しくはこちらの記事をどうぞ
青木隆治の現在の活動や彼女について!消えて干された性格とは?


MayJが嫌われる理由とは?

美人で歌も凄く上手いのに結構嫌われているという話しがありますよね。
上記のやらせ疑惑のせいだけではないようですね。

ディズニー映画の「アナと雪の女王」のエンディング曲「Let It Go~ありのままで~」の歌手に抜擢された事から始まっているようです。
この曲は劇中で松たか子さんが歌っているんですね。
それが国内、国外で評価が高く松たか子さんのイメージが付いてしまっています。

MayJがバラエティー番組などで歌っても「便乗してる」「本家の歌が聞きたい」など非難されてしまうんです。
それは本人も把握しています。

以下引用

本人もこの筋違いな批判を気に病んでいるようで、10日に放送された『情熱大陸』(TBS系)で「『なんでエンドソングはMay J.が歌ってるの?』と思っている人が多い」と発言。
「そういう仕組みなんだけどな。全世界で必ず、劇中歌とエンドソングっていうのはアレンジが違う。そして歌っている人も違うっていう共通があるんだけれど、それを理解されていないのがすごく残念」と、嘆いていた。しかし、この言動自体がさらなるバッシングを生んでいる始末だ。



MayJ自身にオリジナル曲でのヒットが無いのが非難の原因に繋がっているようです。
カラオケバトルにしても、今回のエンドソングにしても他人の曲ばかりでテレビに出ているという印象が強いんでしょう。

カバー曲が多くカラオケ曲とも受け取られ他人のふんどしで相撲を取っているという意見もあります。
早く良いオリジナル曲にめぐりあえるといいですね。
もっと評価されてもいい歌手だと思います。
歌は技術だけじゃなくていかに人を感動させられるかってことですね。



MayJの他の記事はこちらです!
May j.のBカップのスタイルや性格!現在も消えずに活動している!



松たか子は不妊だった?旦那との出会いのきっかけや家族とヒットドラマについて!


メイジェイへのつぶやき