オバマ芸人ノッチと嫁の出会いのきっかけは?離婚、本名、年齢は?

オバマのものまね芸人と言えばノッチですね!
消えそうでなかなか消えないですね。
夫妻でよくテレビに出演していたので知ってる人も多いと思います。
特に奥さんのキャラも強烈でしたよね。
ピンに見えますが実はコンビ芸人です。
実はノッチはバツイチです。
本名年齢についても気になります!
そんなノッチととの出会いや馴れ初めついても書いていきます。

デンジャラス



スポンサーリンク

ノッチのプロフィール


本名:佐藤 望(さとう のぞむ)
年齢:1965年7月26日(50歳)
身長:168cm
血液型:A型
出身:愛媛県新居浜市
職業:芸人
事務所:太田プロダクション

  • 1988年にコンビ「デンジャラス」を結成してボケ担当
  • 実は離婚歴がありバツイチ
  • 中学の県大会で優勝するほど陸上が得意!中距離種目
  • 顔がバラク・オバマに似ている
  • 自動車の整備が得意でユーザー車検が出来るほど
  • バイクにも詳しいし大好き



オバマ大統領の姿で登場したノッチ!
ポップコーンブランドの1日店長の就任イベントです!



ノッチのブレイクのきっかけ


お笑いコンビ「デンジャラス」としてボキャブラ天国でブレイクしました!
コンビ名の通り危険なボケをします。
ボケはノッチがして相方がツッコミをする芸風です。
そしてボキャ天の番組終了と共に消えていきました。


そんなノッチに転機が訪れます。
2008年のアメリカ合衆国の大統領選挙の期間中に再ブレイクのきっかけを掴みます。
選挙の候補者であるオバマに似ていると話題になりました。
オバマになりきり「Yes,we can」のギャグでテレビ出演が急増!
これが再ブレイクになります。

ある時にノッチがリビングで寝ている姿を奥さんが撮影しました。
その写真をブログにアップしたんです!
その後にオバマに似てる!って噂になりブログのアクセスが急上昇します。
火付け役は奥さんでした。

【オバマ大統領】
オバマ1

【ノッチ】
ノッチオバマ

まぁ確かにパっと見は似てますよね。
でも本物と並べてみると違いは一目瞭然ですね!

実際に集会所で通りかかった本物のオバマに「私はオバマだ」なんて発言しているのを見た記憶があります。
握手まで交わしていました。
それに対して「君はオバマだ」と言われてオバマ認定になっていましたね。
なんと本人お墨付きですね。



新ネタが受けているデンジャラスのノッチ!
司会のおかもとまりさんのミニスカートの方が気になります!



ノッチの嫁の名前と年齢について


バラエティ番組の「行列の出来る相談事務所」に奥さんと共に出演していました。
その時に始めて奥さんを見ました。
とても気の強い感じがビシビシ伝わってくる奥さんでした。
そして、うまくボケやツッコミが出来ないノッチを叱咤する恐妻家でしたね。
ノッチが情けなくなる映るほどでしたからね。

ノッチと嫁

司会の島田紳助さんにも奥さんの方が芸人としてやっていけるなんて言われてました。
この番組のおかげで認知度はさらに増しましたね。
鬼嫁キャラですがノッチのどん底時代を一緒に励ましあって頑張ってきたので愛情はとても深いと思います。



奥さんの本名は佐藤友美さんと言います。
年齢はノッチの10歳下で1975年生まれですね!
ノッチとは歳の差婚だったんですね。
2人を見ていると奥さんの方が年上な感じですね。
精神的にもしっかりしているのは奥さんという感じですからね。


ノッチと嫁の出会いのきっかけ


この2人がどうやって知り合ったか馴れ初めがとても気になりますよね。
今の奥さんである佐藤友美さんは実は芸人「デンジャラス」のファンだったんです。
これはまた意外でビックリです!
奥さんがお笑いライブに行った事が出会いのきっかけになりました。
そして交際がスタート!
1994年の事です。


ノッチの浮気と破局について!


佐藤さんと交際して2年後に破局しています。
ノッチに新恋人が出来てしまったからです。
つまりノッチの浮気です。

とても今の2人のキャラからは想像できません。
奥さんが怖すぎて浮気なんてとても出来ない雰囲気ですからね。
そしてノッチはその新恋人と結婚しちゃうんですね。
ですが性格の不一致で2001年に離婚しています。
ですのでバツイチです。


ノッチと奥さんの結婚のきっかけについて!


バツイチになってしまったノッチ。
自業自得ですけどね。

傷心のノッチは偶然にも現奥さんになる佐藤友美さんと再会!
場所は小田急線の改札だったそうです。
運命を感じ再び交際に発展してゴールインしたようですね。
奥さんの父親からは「今度こそは娘を頼むよ」と言われてます。
前回浮気で破局してるノッチは嫁さんに頭が上がらないでしょう。

今は2人の娘にも恵まれて幸せそうですね。
こんな本も出していたんです。

ノッチの愛妻日記 僕の嫁は名プロデュ-サ-






ノッチへのつぶやき