ウォーキングの効果を高める正しいやり方で痩せる!時間と消費カロリーを知ろう!

entry_img_35.jpg
ダイエットは永遠のテーマであり、トレンドですよね。
ウォーキングといえば定番ですね。
正しいやり方でやってこそ効果がでます。
この機会に正しい方法を学んでみましょう!
お金もかけずに日常生活に簡単に取り込めます!
私も通勤時は歩く事が多いので毎日やってます。
通勤して運度にもなって一石二鳥ですね!


スポンサーリンク

ウォーキングでダイエット


ウォーキング素材

ウォーキングは歩くだけなので誰でもできます。
ただやり方を間違っていると効果は出ないので正しいやり方を身に付けましょう。
普通に歩くだけでは効果は薄いですね。
背筋を伸ばして大股で少し足早に歩くのが効果大です。
正しいやり方を癖付けましょう!
私も気を抜くとすぐにゆっくり歩いてしまっています。
音楽を聞きながらのウォーキングは集中力も低下するので私は控えてます。

ふくらはぎの伸び縮みが効果を増大させます。
ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれ血液を送り出すポンプの役目をします。
それにより血液が全身に行き渡り冷え性、むくみが解消されます。
加えて代謝が活発になり基礎代謝もあがるんです。



有酸素運動とは


ウォーキングは有酸素運動です。
有酸素運動とは体内に酸素が十分にいき渡っている状態で行う運動です。
糖質や脂肪をエネルギーとする運動です。


脂肪を燃やすには炎と同じで酸素が必要なんですね。
酸素を取り込む量が少ないと効果が出ないです。
激しく走ったりするのはNGです。
要は、はや歩きです。
ゆっくり呼吸が出来る適度な運動量で行う必要があります。


ウォーキングは歩きやすいシューズで行いましょう!

ランニングシューズ アディダス adidas Duramo デュラモ メンズ 初心者 マラソン ジョギング ウォーキング





ウォーキングはいつやると効果がでる?


一番いいのは朝食前ですね。
朝は糖質がエネルギーとして使われます。
そのために朝起きた時は体の糖質が少ない状態になっています。
ウォーキングをする事で糖質の代わりに脂肪が使われ燃焼されます。


ただ昼も夜も効果はあります。
朝に時間がとれない人は他の時間帯でも大丈夫です。
  • 昼のウォーキング
    交感神経の働きが活発になるので脂肪が燃えやすくなります。

  • 夜のウォーキング
    余計なカロリーが燃えて就寝中に脂肪として蓄えられる部分が減ります。


昼間は紫外線対策をしましょう。
日焼けしすぎると肌の弾力が失われシワが増えます。
ダイエットに成功してもシワシワで老けた顔になるのは勘弁ですからね。


ウォーキング前にやる事


カフェイン
せっかくウォーキングするなら、効果アップできる方法も取り入れましょう!

ウォーキング前にはカフェインを摂取すると効果が大です。
脂肪の分解を促進してくれるので30分前くらいに飲んでおきましょう!


腹筋やスクワットなど、軽く筋トレをする。
筋肉を動かす事によって代謝の高い状態がしばらく続きます。
その状態でウォーキングする事によって脂肪分解が促進されます。



ウォーキングはどれくらいの時間するのがいいのか?


ウォーキングする場所

昔は20分歩くと脂肪が燃え始めるという話でしたね。
ただ最近では10分でも脂肪が燃える事が分かってきました。
十分な量を燃やすには20分以上は歩くのが望ましいですね。

【ここで注意】
1度に20分歩く人!
2回に分けて10分ずつ歩く人!

この2パターンでは効果が違います!
後者の方が消費カロリーが高かったという結果があります。
理由は最後に記述するアフターエフェクトという状態が関係してるんです。


毎日ウォーキングが出来る人はしましょう!
時間がない人は1日置きでも効果はでます。
マイペースで取り組みましょう!



ウォーキングの効果


ダイエット

どれくらいのカロリーが消費できるかも気になりますね。
30分ウォーキングをすると約100kcal消費できます。
ダイエットにはカロリー消費も大事ですが、それ以上に大事な事があります。
それは基礎代謝アップです。
ウォーキングによる筋力アップにより基礎代謝がアップします。
何もしなくても人間はカロリーを消費しています。
基礎代謝が上がるとそのカロリー消費も増えるんです。
それによりダイエットにも効果があります。

皮脂の分泌を促進しますので余分な皮脂が流れ美肌にも効果があります。
骨の老化を防ぎます。

意外とメンタルの部分でも効果があります。
うつ病、認知症などにも効果的という結果も出てきています。


ウォーキングの後にする事


ウォーキングをした後の状態は体にとって良い状態です。
この状態のまま終わってしまうのは非常にもったいないです。

ウォーキングが終わった後はアフターエフェクトとう状態になっています。
そのまま何かの動作が加わるとウォーキングの運動効果が持続するというものです。
腹筋や腕立て伏せをすれば効果倍増!
主婦の人であれば掃除や洗濯などの家事を行うだけでも運動効果が持続するんです。
これは素晴らしいですよね。

最後にたんぱく質を取りましょう。
たんぱく質が吸収されやすい牛乳などがお勧めです!
筋肉アップにつながり基礎代謝も上がります。

普段の日常で気軽に取り入れられます。
ぜひウォーキングを日課に加えましょう!



ウォーキングへのつぶやき