格安スマホの初心者はココがお勧め!デメリットやSIMフリーなどの用語も解説

格安スマホSIMフリーという言葉をよく聞きますよね。
初心者にも分かりやすく「格安スマホとは?」「SIMフリーとは?」から説明でお伝えします。
初めての人は色々と迷うと思いますが、お勧めを教えますので決めてしまいましょう。
携帯代を劇的に安くできます。
メリットやデメリットについてもしっかり書いてみました。

スポンサーリンク

格安スマホとは何?

格安という言葉を聞くと安っぽくて壊れそうというイメージがあります。
決してそうではありません。
格安スマホを使うことによって月々のスマホ代が劇的に安くなります。

通常のスマホはsoftbank、docomo、auの大手キャリア3社のいずれかを使うのが一般的です。
月々の携帯代は7,000円から10,000円くらいになりますね。

docomosoftbankau

その3社以外の会社が提供しているスマホが格安スマホです。
月々の携帯代は1,500円から3,000円ほどになります。
安くなる理由もしっかりありますよ。

格安スマホとは「格安のSIMカード」を挿入したスマホの事です。
購入の仕方や、どんな物なのかは簡単なので分かりやすく説明します。

SIMカードとは?

まずはSIMカードというものについて分かりやすく説明します。
SIMカードは使用しているスマホに必ず1枚だけ入っています。
カードの中には契約者の電話番号情報やネットを使用するための情報などが記録されています。

スマホを購入した時に付属しているピンなどを使用して取り外せます。
また、スマホの裏面に取り外し方が記載されているものもあります。
そのカードを抜いてしまうと通話やネットはできません。

格安SIM

SIMカードには大きさが3種類あります。
標準SIM、microSIM、nanoSIMですね。
最新機種になるほど小さくなっていくため最近はnanoSIMが多いです。

格安SIMカードとは?

格安SIMカードは最近よく聞く言葉です。
説明は簡単です。

  • 【SIMカード】
  • 大手キャリアのdocomo,au,softbankが提供しているカード。
    この3社で購入したスマホに入っているカードの事です。

  • 【格安SIMカード】
  • 大手キャリア以外の会社が提供しているカード。

softbankで購入したスマホにはsoftbankのSIMカードが挿入されています。
大手キャリア(au,docomo,softbank)以外の会社が提供しているSIMカードを格安SIMと言います。

その格安SIMを挿入して使用するスマホを格安スマホと言っています。
格安SIMを提供している会社は色々とあります。

  • mineo
  • UQモバイル
  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル
  • IIJmio

聞いた事のある名前もあるのではないでしょうか?
CMもよくやってますからね。

余談ですがsoftbank,au,docomoなどの大手キャリアをMNO(移動体通信事業者)と呼びます。
格安SIMを提供している会社をMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼んでいます。

SIMフリーとSIMロックについて

「SIMフリー」という言葉を聞いた事がある人も多いと思います。
直訳すると自由なSIMという感じですね。
対する言葉に「SIMロック」という言葉があります。

softbankで買ったスマホにはsoftbankのSIMカードが挿入されています。
当たり前ですよね。
そのSIMカードを抜き取ってauで買ったスマホに挿入しても使えません。
これはauのスマホに他社のSIMカードが使えないような制限がされているからです。
「SIMロック」されているという事です。

「SIMフリー」というのはそのような制限がないスマホの事です。
「SIMロック解除」をしたらSIMフリー端末になります。
他社のSIMカードが使えます。

simロック界所

2015年5月から国から発売されるしマホには「SIMロックの解除」が義務付けられました。
au,softbank,docomoの大手3社の独占を緩和するためです。

それにより大手3社よりも安くスマホを使えるようにと多くの会社がSIMカードを作っています。
これが格安SIMです。
「SIMフリー」のスマホのおかげで格安SIMをスマホに挿入して使用できるようになりました。

SIMロック解除はネットや店頭で可能です。
ネットでやった方が早いですね。

格安スマホが安い理由

なぜスマホの月額料金を安くできるのかが気になりますね。
格安SIMの会社はdocomoなどの大手キャリアの通信設備を借りているのです。
自前で設備を用意していないためコスト削減ができます。

加えて、docomoなどの大手キャリアのように店舗を持っていません。
そのため店舗などの建築、維持費用や人件費が大幅に削減できています。

そのおかげで低料金のプランで格安なSIMカードを提供できています。
docomoの通信設備を借りている格安SIM会社はdocomo系MVNOと呼んだりします。
au系MVNO、softbank系MVNOもあります。

auで購入したスマホはau系MVNOでしか使用できません。
SIMロック解除をしてSIMフリーになればどこでも使用可能という事になります。

格安スマホのデメリット

安くなると言うメリットは十分に分かったと思います。
デメリットについても気になりますね。
いくつか明記してみました。
人によってはデメリットの感じない部分もあります。

キャリアメールが使えなくなる

docomoユーザーであれば「@docomo.ne.jp」というアドレスがあります。
auやsoftbankもそれぞれありますね。

格安スマホは大手キャリア以外の会社のSIM(格安SIM)を使うわけですから、それらのメールが使えなくなります。

今はLINEで連絡をとる人が多いためキャリアメールを使っていない人が多いです。
特にデメリットと感じない人も多いと思います。

どうしてもメールが使いたいのであればgmailやyahooメールは使用できます。
これらのメールを利用すれば問題ありませんね。

他にもdocomoのdポイントやauのauウォレットなどのキャリア独自の決済サービスも使えなくなります。

通信速度が若干落ちる

人々がスマホをよく使う時間帯には若干速度低下します。
12時から13時のお昼休みや夕方ですね。

落ちるといってもネットを見たりLINEをするくらいなら体感できません。
まったく気になりません。

速度低下の影響を体感できるのはyoutubeなどの動画サイトの視聴や動画像データを送受信する時です。
大きなデータをやりとりする時に少し遅いと感じるくらいです。

大手キャリアの通信設備を借りているため、仕方ない部分がありますね。

オススメの格安SIM会社と申し込み方法

格安SIM会社は多くあります。
色々と迷ってしまう人はここに明記した会社にすれば間違いありません。

大手キャリアよりも安くなります。
こも分かりやすい手順で契約できるようになっています。

格安スマホは契約時にデータ通信のプランが1Gや7G,10Gなど選択できます。
この容量が月々の値段を大きく変えますね。
目安としてデータ通信量が3Gの契約であれば、どの格安スマホ会社も月々約1,500円ほどです。

プランも大きくわけて2つあります。

  • 【音声通話プラン】

  • 090,080番号での通話が必要な人。
    大手キャリアのスマホはこのプランがほとんどです。

  • 【データ通信専用】

  • 電話を使わない人
    連絡はLINEやメールで通話が必要ない人向け

SIMフリーの端末をもっていればSIMカードの契約のみで大丈夫です。
もちろんスマホ端末とのセット契約も可能です。

スマホを新しく購入して格安スマホにしたい人

今のスマホが壊れかけていたり、新しい機種にしたい人も多いと思います。
格安SIMを申し込む時にSIMフリーのスマホ端末もセットで購入できます。

「mineo」は通話をしない人向けのデータプランがあります。
データも500MBから30GBまで好きな容量を選択できます。
最低利用期間もないです。

「UQモバイル」は5分のかけ放題プランがあります。
12時ごろでもサクサクとデータ通信ができるのも良いですね。
最低利用期間はないです。

auのスマホを持っている人

「mineo」と「UQモバイル」がお勧め出すね。
新規でスマホを購入したい人にも紹介しましたがau端末を持っている人にもお勧め出すね。

docomoのスマホを持っている人

docomoのMVNOはかなり数が多いですね。
電波範囲が広いのが売りですね。

格安スマホではLINEが使えます
しかしID検索ができません。
「LINEモバイル」であれば年齢確認が可能なためID検索もできます。

auでも使えるMINEOはdocomo端末でも使用ができます。

softbankのスマホを持っている人

Softbank用のMVNOはまだ少ないです。
これから増えていくでしょう。
iphon6s以降はSIMロック解除ができます。
それ以前はロックが解除できませんのでsoftbank用のMVNOが増えていくのは嬉しいですね。

iphon4以前は対応していないたiphon5以降の機種を持って入れば使えます。
お勧めは「スマモバ」ですね。

大手キャリアでのスマホ代は高くて月々の支払いを圧迫します。
悩んでいる人は一度格安スマホに変えてみる事をお勧めします。

通信業界は移り変わりが早いです。
新たな情報などがありましたらまた追記編集していきます。

最近のトレンド情報はこちら!
スマホ携帯をお得に購入する方法!ショップは混雑して時間の無駄

仮想通貨リップルXRPとは?お勧めコインの理由や将来性について

AbemaTVの録画の方法は?無料で視聴可能でも通信データ量やパケット代が気になる

スポンサーリンク

記事は以上です。
お読み頂きありがとうございました。
コメントは匿名で書き込めます!
色々な意見をお気軽にどうぞ!

下にも多くのコンテンツがございます。
どうぞご覧ください!


youtube以上の色々なジャンルの生放送や動画が見放題
生放送を無料で視聴

月々のスマホ代が3,000円以内に!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    私の回りには調べるのが面倒臭いとのことで格安スマホをあまりやってません。
    簡単なのにもったいない。