青木隆治の現在の活動や彼女について!消えて干された性格とは?

青木隆治さんはモノマネ歌手です!
男女を問わずに様々な歌手のものまねを披露しています!
上手すぎて一気に人気ものまねスターになりました!
レベルも物凄く高くテレビにも引っ張りだこでしたね!
ただが最近は消えてしまってテレビで見ないですね。
彼女についても調べてみました。
そんな青木隆治さんについてです!

青木隆治


スポンサーリンク
スポンサーリンク

青木隆治のプロフィール

本名:青木隆治
年齢:1981年1月29日(36歳)
身長:166cm
血液型:B型
出身:神奈川県横浜市職業:ものまねタレント・シンガーソングライター
事務所:ケインズファミリー

  • ものまねタレント「ツートン青木」の息子
  • ラルクや徳永英明・美空ひばりのモノマネは絶品
  • 趣味はギター、サッカー!
  • 他にも男性・女性を含め多数のレパートリーがある。
  • ブログを更新中!

かなりレベルの高いモノマネをする事で有名になりました。
女性のものまねも出来てしまいます。

実はかなり耳が良くてそれがものまねを上手に出来る要因のひとつのようです。
喉を自在に操り多種多様な声を発する動作は人間とは思えません。

こちらは青木隆治さんのものまね40連発です!

<

 

ものまねに興味をもったエピソード

幼少の頃からものまねをしている父を見てきて育ちました。
ものまねをしてる父を馬鹿にしてた時期もありました。
そんな父が美空ひばりさんのものまねを披露し、観客が感動したのを見て、ものまねに対する考えが変わったようです。

その後、ものまねを必死に勉強し世間で瞬く間に人気者になりました。
ただ、ものまね番組に出演した時に出演者に挨拶をしなかった時期があったようです。
それを同じものまねタレントのコロッケに「ものまねは歌唱力だけじゃないんだぞ」と諭されたようです。
それがきっかけでコロッケを尊敬するようになったようですよ。

芸能界から消えてが干された理由

日本テレビのプロデューサーと揉めてて干されたとの噂が多いですね。

性格にもちょっと問題があったようですね。
密着取材時での態度が悪いと研ナオコさんが激怒した事もあります。
研ナオコさんは青木さんの所属する事務所の代表です。

いずれはものまねを卒業して自分の歌で勝負したい!ものまねしかやらせてもらえない事に苛立ち揉め事も多かったようです。
「歌の技術はあるが心がないだから自分のオリジナル曲を出しても売れない!]と研ナオコさんに言われています。
今後は自分の態度と歌への思いも改めた様ですので、今後に期待ですね

女性関係がとても気になる!

以前に路上チューが週刊誌に取り上げられた事がありました。
ただ本人と断定はできなかった様です。

2016年にはグラビアアイドルとキャバクラ嬢との二股交際が発覚していますね。
それを認めて謝罪しています。
気になるのはグラビアアイドルが誰なのかですよね。
神奈川県出身という事した明かされていないです。

ルックスからしてかなりモテると思うので彼女はいるでしょうね。
今回の二股は氷山の一角でしょう。
まだまだ女性関係は激しそうな感じがします。

最近の活動は何をしているの?

テレビから消えてしまった青木さん。
現在の活動が気になりますね。

歌手活動は地道に続けています。
ツアーもやっていますしディナーショーも開催しています。

オリジナル曲で歌手デビューしています。

言葉/二つの糸

青木隆治の別名義「Face」で「扉」というアルバムを発売

「扉」【初回盤】 CD DVD

青木隆治さんがNHKのど自慢大会で優勝した時に歌った曲です。
さすがに歌唱力は抜群ですね。

ものまねタレントのみかんさんの記事です!
ものまねタレントみかんが人気上昇中!レパートリーも多数!離婚の危機?

モノマネレベルの高い福田彩乃さんの記事です。
福田彩乃は車のドリフトがうまい!元カレ登場で復活と結婚は?

他のものまねタレントの記事はこちら!
ざわちんの本名や素顔は?ものまねメイクにやらせ疑惑や画像加工との見方も?

芸人アイデンティティの悟空のモノマネは野沢雅子の公認?素顔や結婚について!

青木隆治へのつぶやき

歌手
スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画ア,ニメ,ドラマ,音楽を視聴放題
【裏技】映画アニメ音楽を無料で視聴! Amazonプライム デメリットと解約方法

youtube以上の色々なジャンルの生放送や動画が見放題
生放送を無料で視聴

月々のスマホ代が3,000円以内に!?





記事は以上です。
お読み頂きありがとうございました。
コメントは匿名で書き込めます!
色々な意見をお気軽にどうぞ!

下にも多くのコンテンツがございます。
どうぞご覧ください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おひまねた

コメント