シティーハンターの映画のネタバレと感想!年齢や続編について考察

シティーハンター(CITY HUNTER)の劇場版「新宿プライベート・アイズ」が公開されました。
さっそく見てきましたので感想と気になった事を書いてみました。
ストーリーの完全ネタバレはしていませんが、敵の名前や槇村香の年齢考察や挿入歌についてなどは書いてあります。
多少のネタバレはありますね。

気にならない人だけ見てください。
それではシティーハンターについてです!

劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> -VOCAL COLLECTION


スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画シティーハンターの概要

原作は1991年に完結していますね。
アニメは90年代初頭まで放送されていましたが、その後はスペシャルなどが不定期放送されたりしていました。

今回の映画は2019年2月に公開です。
タイトルは「新宿プライベート・アイズ」です。

1999年にアニメスペシャル「緊急生中継!!?凶悪犯冴羽獠の最期」で放送されて以来です。
約20年ぶりになります。

劇場版の予告動画です。
「Get Wild」のイントロが流れるだけで鳥肌が立つのと、とても懐かしい気持ちにすらなりますね。
声優人たちも昔と変わりありません。

ストーリーは昔のシティーハンターのまま

ストーリーは昔のシティーハンターのままです。
懐かしい気持ちになります。
劇場予告の動画でだいたいの事はネタバレされていますね。
それを踏まえて簡単に解説です。

時代は現代です。
新宿駅には昔のような掲示板は既にありません。
今回はスマホでXYZの依頼をしてました。

現代に昔のシティーハンターのメンバーがやってきた感じですね。
声優たちもオリジナルですし、劣化を感じませんでした。

美人の進藤亜衣からの依頼を引き受ける冴羽獠。
身に覚えがないけれど怪しい連中に狙われていて追われているようです。
昔に離婚して出て行った父親が最近に事故死しているのですが、その後からとの事。

相変わらず「もっこり」を連発している獠!
冴子には「一発」などとデレデレしながら叫んでいますね。
香による100tハンマーにぶん殴られるのもお馴染みです。
香ハンマー

そして香の幼馴染でもある御国真司というドミナテックという会社社長が登場。
依頼人の進藤亜衣は彼が手がけているいくつかの会社の1つでモデル活動をしていますね。

実は進藤亜衣の父親は御国真司の会社で過去に脳関係のプログラム開発をしていました。
そして開発したものが殺戮兵器メビウスとして軍兵器として使われる事を知りプログラムが起動できないようにロックをかけていたのでした。

メビウスを起動するために進藤亜衣が必要なのです。
そのため付け狙っていたのでした。

御国真司は最新技術を盛り込んだドローン兵器を使って新宿を戦場にしようと企んでいます。
ドローン兵器をアピールして売り込むためです。
大物武器商人のヴィンス・イングラードも絡んできます。

子供の頃に香に助けてもらっていた御国真司は再会した香を気に入ります。
自分の物にするためにもリョウが邪魔なため消そうとするのでした。

ドローン兵器と戦うリョウも大きな見せ場です。
もちろん海坊主と美樹も登場して参戦します!
名取かずえと教授も登場しますね。

キャッツアイの3人も登場。
戦闘にも参加して活躍します。
シリアスな冴羽獠も登場!

戦闘の舞台は新宿の街を走り回って、最終的には新宿御苑です。
激しい銃撃戦が行われます。

戦いの最終局面では獠と香の無言のチームワークを発揮します。
原作でも見せた事がありました。
見所の1つですね。
お互いに言葉を交わさなくてもお互いがどう動けば良いかを理解しています。
そして敵を撃破しました。

もちろん最後はハッピーエンドですね。
最後にリョウの香に対する気持ちが聞けます。
心の中でのつぶやきのため香には聞こえてません。

そしてアニメでもお馴染みの終盤に「Get Wild」のイントロが流れてエンディングというパターンです。
しかも劇場版は曲がフルバージョンで聞けます。
その後は同じくTMNの「STILL LOVE HER(失われた風景)」の曲も流れて鳥肌物が立ちました!

映画シティーハンターで気になった部分

リョウや香の年齢は?

シティーハンターのメンバーの年齢がいくつなのか気になりますね。
映画では御国真司は26歳で香と幼馴染です。
幼馴染は同じ年というわけではないので香織は26歳前後ですね。

シティーハンターの原作は現実世界と同じように年を取っていくという珍しい漫画でした。
私たちが1年過ごせばリョウたちの世界も1年過ぎているという事です。

ちなみに原作では香の生年月日は1965年3月31日です。
連載が開始されたのが1985年です。
物語でも香がもうすぐ20歳になる頃からスタートしています。

リョウは原作では幼い頃から戦場で過ごしていたため生年月日が不明です。
香が誕生日を作りました。
年齢は当時24歳だった香に30歳と決められてます。
逆算すると生年月日は1959年3月26日です。
3月26日は2人が初めて出会った日ですね。

リョウと香は6歳差ですね。
ですので映画公開の2019年だと香が54歳になる年ですね。
リョウは60歳です。
本来ならば還暦なんです。
映画を楽しむためにも、この辺りは気にしてはいけません。

掲示板がAR化

AR化されていて掲示板があったであろう場所にスマホをかざすと画面に掲示板が出現するという最新技術を再現している部分も見所ですね。

敵が兵器を積んだドローンで攻撃してきたりと現代技術が多く使われていました。
まさに現代のシティーハンターですね。

キャッツアイの3人が登場

キャッツアイのメンバー3人が登場。
海坊主が働く「喫茶キャッツアイ」のオーナーという設定です。
そのため海坊主と美樹は3人に頭が上がりません。

瞳役は戸田恵子さん、愛役は坂本千夏さんです。
そして泪役の藤田淑子さんは療養中で参加出来なかったので戸田さんが2役やりました。

タレント声優

チュートリアルの徳井さんが声優として熱演。
オネエのファッションデザイナーのコニータ役です。
IKKOのようですね。
ほんの数分だけの登場です。

ちなみにヒロインの進藤亜衣の声優は飯豊まりえさんです。
演技は上手でした。

放送規制はなし!?

「もっこり」発言の連発!
香に「時代の空気を読め!」とハンマーで殴られます。
今の時代はアニメを含めて規制に厳しいですが「もっこり」発言はOKでした。

ドローンを使って更衣室を覗くというシーンもありました。
冴子への「一発」発言も問題ないようですね。
いつものリョウで安心しました。

作画に違和感

たまに作画が悪い場面もありましたね。
人間が書いている絵なので仕方ない部分もありますよね。

一番気になったのは終盤で御国真司の部下に進藤亜衣が後ろから捕まれているシーンです。
真実を知った進藤亜衣が怒って御国真司に激怒しているシーンです。
捕まれている手を振りほどこうとしているんですがずっと不自然に進藤亜衣の腕がクネクネ動いていてかなり違和感があったので印象に残っています。

リョウの動体視力

リョウが人間離れしすぎな感じです。
敵が撃ってくる銃弾の雨のような連射から走って逃げるのですが全くリョウに当たらない。
映像ではどう見ても当たっているのに当たってないようなのです。

そして銃弾だけではなく近距離からのミサイルも体を反らして避けるリョウ。
ちょっと人間離れしすぎでしょう。
海坊主も雨のような銃弾の中を走り回っていましたが無傷です。
ちょっと興奮する気持ちが萎えました。

劇中の名曲たち

劇中の挿入歌で懐かしい曲が流れます。
「RUNNING TO HORIZON」「SARA」「City Hunter~愛よ消えないで~」「STILL LOVE HER(失われた風景)」なども流れて感動します。

依頼人の進藤亜衣が撮影しているスタジオのシーンでは「RUNNING TO HORIZON」の曲が流れて小室哲哉さんの歌声が響いていてテンション上がりました。

エンディングは「Get Wild」です。
背景にアニメオリジナルストーリーの「さらばハードボイルド・シティ」の映像が流れるところが印象に残っています。
催眠術をかけられた香がリョウに銃を向けているシーンですね。

同じくアニメオリジナルの「クリスマスにウェディングドレスを・・・」からメガネをかけたリョウと香の結婚式のシーンが映ったのも印象深いです。
本当の結婚式ではないですけどね。

モンストとコラボ

シティーハンターはスマホアプリゲームのモンストとコラボしています。
劇中で依頼人の進藤亜衣がモンストで遊んでいる映像がありました。

一発芸人の「ゲッツ」がネタのダンディ板野と「ワイルドだぜ」のスギちゃんを採用したモンストコラボCMがあります。
小島よしおも登場。

シティーハンターの主題歌の「Get Wild」の昔のMVに芸人達を合成したものです。
オリジナルMVと合成MVの比較動画もありますね。

シティーハンターの続編はあるのか?

映画の最後では金髪の女性が掲示板にXYZを書き込みをしていました。
後姿だけで顔は不明です。
依頼があるという事なのでシティーハンターの仕事はまだまだ続くということです。

リョウの声優の神谷明さんは「ルパン三世」のように時々帰ってくるようになりたいと発言しています。
不定期にアニメ化放送されるのを希望しています。
またアニメスペシャルか劇場版が放送される可能性は高そうですね。

シティーハンターの続編で香が死亡!死因は?

ちなみに映画とは関係ないですがシティーハンターの続編として書かれた漫画はありますね。
「エンジェル・ハート」という漫画です。
香が既に死んでいます。
死因は事故死です。
道路で子供をかばって車に跳ねられてしまったのです。

香の心臓を移植された女性のシャンインが主人公です。
シャンインは殺し屋ですがリョウを父と呼ぶようになり色々と心境が変化していきます。
シティーハンターとしてリョウと共に仕事をしていく事になります。

香の記憶も少し引き継いでいます。
臓器移植された人間がドナーしか知らないはずの記憶を持つ事はあり得る事のようです。
香は回想シーンやシャンインに語りかける幻のような存在としても登場します。
ストーリーは家族愛がテーマで感動的な話が多いです。

香が死んでいるという事でファンからクレームが多発したようです。
そのため作者の北条司さんがシティーハンターとは別世界でパラレルワールドと話という設定にしています。
もう1つのシティーハンターという事ですね。
個人的には好きな漫画です。

エンジェル・ハート 2ndシーズン 1巻【電子書籍】[ 北条司 ]

「エンジェルハート」はアニメ化もされています。
上川隆也さんがリョウ役でドラマ化もされていますよ。

上川隆也の嫁と子供に関して!モテモテな過去の元彼女も暴露します

シティーハンターへのつぶやき

  • 最後のGet Wild、Still love herで全部持ってかれた
  • 時代の空気読まんかぁい〜
  • get wildが変なリメイク版とか声優に歌わせてみたとかじゃなくて原曲なのが最高
  • 期待を裏切らない映画でした!
  • 冴羽獠を呼んだのは僕たちファンです。
  • 公式でシティーハンター×キャッツアイ
  • オリジナルのままの声優さんが演じてることに、感動と感謝の気持ちしかない。
  • シティーハンターは20年たってもシティーハンターだった!
  • 放送当時はモブ担当だった山寺宏一さんと大塚芳忠さんが重要な役として今回の映画に出演
  • シティーハンターを知ってる10代はいるのか
  • ごめん、なんか泣けてくる。こんな作品がこの歳で観れるとは
  • 世界一エンディングの入りがカッコいいアニメ説
  • 徳井さん何してんすか?
  • 映画館まで観に行きたいと思った映画は久しぶりだ。
  • 冴羽くそかっこよかった
  • 男が憧れる男が帰ってきた。
  • 昔みたいにテレビスペシャルやってくれないかな?
  • 良い意味で変わってなくて本当にいいねぇ
  • 飯豊まりえの演技上手かった
  • 70歳とは思えない神谷さんの声量に感動しました。
  • 香のウェディングドレスの写真みると何か悲しくなるわ。
  • シティーハンター知ってる若い人は8割くらいパチンコで覚えた人です
  • 最後のモッコリ!!
  • OPの曲、クソかっこよかったw
  • 小ネタ満載
  • 冴羽獠が変態から真面目になる所かっこよかった
  • 今日行ったらグッズがほとんど売り切れ
  • COLT Python の銃声が違う
  • 絵がCGなのは時代の変化を感じたな。
  • 続編はありそう。

ゲームのドラゴンクエストがフル3DCGで映画化
映画ドラゴンクエストのネタバレと疑問や感想 ラストの結末や結婚について

映画「ドラゴンボール超 ブロリー」の感想や評判
ドラゴンボール超の映画ブロリーの結末と感想 ゴジータブルー登場

ゲゲゲの鬼太郎の第6期の概要
ゲゲゲの鬼太郎6期の声優と主題歌!第1話のネタバレ感想!猫娘かわいい!

コメント