映画ドラゴンクエストのネタバレと疑問や感想 ラストの結末や結婚について

ドラゴンクエスト映画「ユア・ストーリー」を見て来ました。
ネタバレ感想を分かりやすくまとめてみました。

今回の映画は大人気ゲームのドラゴンクエスト5 (ドラクエV)の話を元にした映画ですね。
私はリアルタイムでスーパーファミコンのドラクエVを何度もプレイしてきました。
PS2でリメイクされたのもプレイしました。

ドラゴンクエストの映画の評価では酷評が多くて炎上しています。
とくにラストで明かされる衝撃の結末の評判は最悪のようですね。

それを知っていて怖い物見たさで映画館に足を運んで観賞してきました。
否定的な意見や評価が多い中、個人的にはもう一度見てみたいと感じた作品でした。

結婚の部分のストーリーは個人的には凄くよかったと思いました。
映画全体の感想や良かった点や悪かった点などをまとめてみました。

【追記】
2回目を観賞したので追記編集しました。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画「ドラゴンクエストYOUR STORY」の概要

ゲームの「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」の内容を元にしたストーリーです。
フル3DのCGアニメです。

出てくる登場人物や敵はドラゴンクエストVと一緒です。
ストーリーは時間の都合上カットされたり、映画用に改変されていますが基本的にはドラゴンクエストVという感じになっていますね。
ドラクエ映画

主人公の子供時代はスーパーファミコン時代のドット画像でダイジェストが流れます。
時間的な都合もあってカットされているという事です。
映画館の巨大なスクリーンでスーパーファミコンの画面が見れるというちょっとした感動がありました。

ドラクエのゲームは基本的には主人公は話す事をしません。
今回は映画なのでしゃべりまくりますね。
名前も「リュカ」となっています。

【簡易あらすじ】
グランバニア城でリュカが無事に生まれます。
その後に母親のマーサが魔物にさらわれてしまうのでした。

主人公のリュカは父親のパパスと2人で旅をしています。
目的はゲマ率いる魔物たちにさらわれた母親のマーサを救出するためです。
ゲマはマーサを使って魔界の門をあけて魔王ミルドラースの復活を目論んでいたのでした。

旅の途中でヘンリー王子が魔物にさらわれます。
救出に向かパパスとリュカ。
立ちはだかるゲマたち。

ゲマたちはリュカとヘンリーを人質にとるのでした。
耐えるしかなく戦闘に不利になったパパスはゲマの手によって殺されてしまうのでした。

リュカとヘンリーはゲマに囚われて約10年もの間、奴隷として働かされているのでした。
そしてつにヘンリー王子と共に脱出して自由になれたのでした。

その後は故郷に戻り亡き父の日記を読むリュカ。
「天空の剣」と「勇者」を探せば魔界の門を閉ざす事が出来るとの事でパパスの意志をついて再び旅を開始。

幼き頃に別れたビアンカやフローラと出会い結婚や子供を授かりつつも壮大な冒険を繰り広げるリュカ。
父親パパスの意志を継ぎ、自身と妻と子供でゲマの野望を打ち砕くために冒険する親子3代による壮大な物語です。

果たして「勇者」とは天空人のリュカなのか?
勇者のみが使える「天空の剣」を手に入れてゲマの野望をどう打ち破るのか?

魔界に封じ込められている魔王ミルドラースの復活を目論むゲマ。

ミルドラースはかつて天空人によって魔界に封印されました。
魔界の門を開けるのには天空人の呪文が必要です。

万が一、門が開いてしまった時に封印する方法を天空人は天空の剣に封じ込めたのでした。

天空人の血を引く勇者のみが扱える天空の剣を魔界の門に投げ込めば門を閉ざすことが出来るのでした。

予告のムービーはこちらです。
【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー 予告1】

【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー 予告2】

 
 

【声優はこちらの方々】

リュカ:佐藤健
ビアンカ:有村架純
フローラ:波瑠
ヘンリー:坂口健太郎
パパス:山田孝之
サンチョ:ケンドーコバヤシ
プサン:安田顕
ブオーン:古田新太
ルドマン:松尾スズキ
スラりん:山寺宏一
ミルドラース:井浦新
マーサ:賀来千香子
ゲマ:吉田鋼太郎

ドラゴンクエスト映画 良かった点

映画を鑑賞して良かった点を色々と書いてみました。
個人的には結末以外は良作だと思っています。
賛否両論あるとは思いますがまとめてみました。

グラフィックが綺麗

フル3DのCGを使っています。
ハリウッドにも負けないくらいの美しさですね。

主人公の顔はソバカスまではっきり描かれていてとてもリアルでしたね。
顔に関しては目以外のパーツ実写に近い感じに思えました。

キャラの作画が良い感じ

ドラクエのキャラデザインと言えばドラゴンボールでお馴染みの鳥山明先生です。
絵が見やすくて可愛いキャラがウリですね。

一番右はデボラという名前でフローラの姉です。
リメイクされたドラクエVのDS版でいきなり登場しました。
スーパーファミコンのドラクエVや今回の映画には登場しません。

今回の映画は鳥山先生の作画ではありません。
ネットではそれに関して反対意見が多かったのを目にしました。
フローラは可愛いけれどビアンカが全然可愛くなくてブサイクという評判もありましたね。

実際に映画を見てみてビアンカは全然ブサイクじゃないと感じました。
むしろ可愛いです。
もちろんフローラには劣りますけどね。

ちなみに仲間のスライムのスラリンとキラーパンサーのゲレゲレも素晴らしい出来ですね。
ちょっと透けているスラリンは可愛いです。

ゲレゲレのふさふさな毛並みが素敵です。
CGとしてはレベルが高い方ですよね。

ゲマの表情と演技が最高!

主人公の母親のマーサを捕らえ、父親パパスの仇でもあり、今回の映画のボスのゲマ。
ゲマの表情や動き、声優の演技などがとても最高でした。
憎たらしさや、やらしい笑い方なども含めて悪役にピッタリです。

ちなみに鳥山明作画のゲマはこんな感じです。

ゲマを演じたのは本業が声優の人ではありません。
俳優の吉田鋼太郎さんですよ。

かなりのハマり役ということでYAHOOニュースにもなっていました。
声だけ聞いてもまったく吉田鋼太郎さんとは気付きませんでした。
本職の声優さんと思わせるくらいの名演技でしたね。

BGMが懐かしくて最高

映画で使われているBGMはもちろんドラゴンクエストからですね。
基本的にはドラクエVからですが、ドラクエⅣの「馬車のマーチ」などのドラクエ天空シリーズのBGMが使われていたりもしました。
そして効果音もドラクエのゲームの物が使われていましたね。

ドラクエのメインテーマももちろん流れます。
何度か流れましたが映画館の音響で聞くと普段以上に壮大で迫力満点で鳥肌が立ちました。
ちょっと何度も使いすぎな感じも否めませんけどね。

戦闘シーンがカッコイイ!

巨大な敵の魔獣ブオーンと対決!
リュカ、ビアンカ、ゲレゲレ、スラリンで立ち向かいます。

戦闘シーンが大迫力で疾走感あふれていて目を離せない展開です。
打撃、攻撃を回避するシーン、呪文を放つシーンの全てがかっこいいです。

飛んで追いかけてくるブオーンに逃げながら反撃するリュカたち。
この辺りの疾走感がたまりませんね。

もちろんボスのゲマとの対戦も素晴らしいです。
どんどん力を付けてきているゲマに敵わないリュカ。
リュカが石化させられるシーンはなかなかリアルでした。

石にされ大切なビアンカが連れ去られていく儚いシーンには感動しましたね。

終盤のゲマとの対決の時にはリュカがバギ系最強呪文のバギクロスを発動!
それをきっかけにゲマを追い詰めます。
あと1歩の所で力及ばず。

しかし息子の勇者アルスが天空の剣で加勢!
そして打ち破ると言う流れが凄くよかったです。

ドラゴンクエスト映画 悪かった点や改善して欲しい点

悪かった点ももちろんあります。
個人的には悪いというよりは改善して欲しい点という感じです。

酷評されて批判が多いラストの衝撃のオチや事実は改善というよりは全く必要ないシーンだったと思っています。

開始10分のダイジェストシーン

冒頭はスーパーファミコンのドラクエVの映像が流れます。
主人公リュカとビアンカやフローラとの出会いがなどが数分で終わってしまいます。
ビアンカと一緒に冒険をしたシーンも印象に残りません。
映画の尺が決まっているとはいえ物足らない感じですね。

グランバニア城でパパスがリュカが生まれるのを待っているシーンからです。
無事生まれて、直後にマーサが魔物にさらわれるシーンです。

その後にビアンカと一緒にレヌール城で「おやぶんゴースト」を倒してドラゴンオーブを入手。
子供達に虐められていたベビーパンサーのゲレゲレを救出するまでがスーパーファミコンの映像を使った子供時代のダイジェストでした。

ダイジェストシーンの途中にルドマンと幼い頃のフローラがパパスとリュカと出会うシーンが入っています。
フローラがリュカに一目ぼれするというシーンが追加されていました。
これはドラクエVのリメイク版で追加された設定です。

スーパーファミコン版では存在しないシーンですね。
わざわざ映画のためにスーパーファミコンのドット絵で再現したようですね。

違和感があったカットシーン

子供の頃の主人公リュカとヘンリー王子が始めて出会った時です。
いきなりヘンリーが魔物にさらわれてしまうのでした。

そして次のシーンはパパスがゲマの側近のジャミがゴンズをぶっ飛ばしたシーンになりました。
囚われているヘンリーを息子のリュカと共に助けに来たシーンなのですが、話が急に飛びすぎです。

ヘンリーがさらわれた事をパパスに報告に行って、どこに連れ去られたか考えて乗り込んでいくという流れが全てカットされていて凄い違和感を感じましたね。

主人公の性格

ゲームのドラクエの主人公は話しません。
そのためどんな性格なのかは個人の想像になります。

映画の主人公リュカは勇敢というよりはビビリのヘタレです。
そして可愛い子には弱いお調子者という感じに描かれています。
一応は仕方なくという感じで敵には向かっていきますし目的を達成しようと頑張ります。
リュカは現代風に「マジで?」なんて台詞も言います。

自分の想像とは性格がちょっと違ったという感じでした。
弱くても勇気を振り絞って立ち向かいクールで冷静な感じという性格をイメージしていました。

それでも今回のリュカの性格は見る人によっては有りなのかもしれません。

「クエスト」という言葉も使っていました。
リュカがブオーンを倒した後に「このクエストを成功させればフローラと結婚させてもらえる。」という発言もしていました。
これはゲームを操作している人の発言なら納得できるんですが、リュカが発言している事はちょっと興醒めでしたね。

フローラもリュカに「クエスト成功したんですってね。」と言ってましたね。

呪文の効果や演出があっさりしすぎ!

主人公リュカもビアンカも魔法を色々と使います。
簡単に出しすぎて迫力に欠けるかなと感じました。

特にビアンカはメラゾーマを連発したりするのですが、ドラゴンボールの気孔波を連発しているような軽い感じでした。
メラゾーマはメラ系最強の呪文なのでもっと溜めて放つとかピンチの時に使うとかしてくれたらよかったなと感じましたね。
同じくべギラゴンも使うのですがあっさり使っていますね。

ビアンカはザラキも使ってましたね。
どの呪文が命中しても敵の死に方は一緒でした。
粉々に砕け散る感じです。

主人公は真空系呪文のバギマを連発!
しかしピンチの時に最後の力を振り絞りバギクロスを発動させた演出はとても良かったと感じました。

ボス以外の敵があっさり死にすぎ

大きな戦いは2つあります。
ゲマ戦とブオーン戦ですね。

それ以外のザコ敵におばけキノコ、ドラキー、ゴーレム、ギガンテスやオークなどが色々と出てきます。
ほとんどの敵が主人公が剣を一振りするだけで粉々になって倒されていきます。
敵が弱すぎるし、あっさり倒しすぎです。

キラーマシーンはちょっとは粘った感じに思えました。
機械ならではの倒され方には笑いました。

ゲマの側近のジャミとゴンズ。
普通のザコ敵と比較しても強いです。
前半では主人公を苦しめるほどの強敵です。

しかしラストではジャミもゴンズも主人公に一撃であっさり倒されています。
3秒たたずに2匹とも倒されました。
もっと苦戦するような闘いがあってもよかったと思いましたね。

ビアンカとフローラとの結婚のストーリーが最高

主人公リュカが結婚するというストーリーが映画の見所の1つでもあります。
個人的にはこの部分のストーリーが凄くよかったと感じたのでまとめてみました。

山崎貴監督は堀井雄二さんに結婚の部分の脚本は中身を分厚くして欲しいと頼まれたと言っていました。
力を入れた部分の1つですね。
それでもネットでは賛否両論ですが、個人的には素晴らしいと感じました。

ルドマン邸でフローラと再会したリュカ。
生きていた事を知って、泣きながら喜ぶフローラ。

フローラの父親のルドマンが魔物ブオーンを倒せばフローラと結婚できるという条件を町中に掲示しています。
結婚すれば大富豪のルドマンの資産も権力も手に入ります。
そのためブオーンには何人もの人が立ち向かいましたが殺されています。

リュカは臆病なためブオーン退治に行く気はないとフローラに伝えます。
それを聞いて「よかった。」と安堵するフローラ。

「あなたがブオーンを倒したら、こんなに嬉しい事はありません。」と言うフローラ。
「嬉しい?」と突っ込むリュカ。

フローラはかなり焦って「一般的な話です。あなたと結婚できるからという訳では・・・それが嫌と言うわけではありません。」

そんな会話をして顔を真っ赤にしてあたふたするフローラ。
同じく頬を赤くしているリュカ。
気まずくなり走り去っていくフローラでした。

大富豪のルドマンの地位や資産も手に入るし可愛いフローラとの関係も良好だと判断。
結婚したくなりブオーンにゲレゲレとスラリンとで立ち向かうリュカ。
あっさり負けて丸焦げになって帰ってくるのでした。
ここはちょっとギャグが入ってました。

ボロボロになった状態で酒場によるリュカ。
そこで「やくそう」で体力を回復してくれた女性が幼い頃に別れたビアンカだったのでした。

強引に仲間になったビアンカを加えてブオーンに再挑戦!
リュカは結婚が目的、ビアンカはルドマンの資産を分けてもらうのが目的です。

激しい戦いの末にブオーンを退治したリュカ。

ついにフローラに結婚の告白をする時です。
しっかり告白できるか確認するためにもビアンカがこっそり同行。
緊張してモジモジするリュカに喝を入れるビアンカ。

そしてリュカがついにフローラにプロポーズです。
「結婚してください!!」
快諾するフローラ。

「プロポーズされなかったらどうしようかと思ってました。」と嬉しそうな顔をするフローラ。
「ビアンカさんも、祝福してくれますよね・・・?」

ビアンカも嬉しそうです。
「もちろん」と答えて去っていくビアンカ。
去り際に一瞬だけ悲しげな表情を見せたのでした。
フローラは去っていくビアンカの後ろ姿から何かを感じ取った様子。

夜になり酒場で結婚が決まった事に喜んで浮かれているリュカ。
そこに占い師の婆さんがいきなり登場。

リュカに対して「そなたは本当の自分の心に出会えていない。」といきなり意味不明な事を言ってきます。
怪しい婆さんのため相手にしないリュカ。

強引に魔法の聖水を渡してくる婆さん。
これを飲めば本当の自分に出会えるとの事。
そんな怪しいものは絶対に飲まないと反発して婆さんを追い出したリュカでした。

婆さんが言っていた本当の自分という言葉がひっかかり寝付けないリュカ。
気になり魔法の聖水を飲むのでした。
そのまま眠りに落ちたリュカ。

自身の記憶の深層に潜っていきます。
そこに表れたのはビアンカの顔だったのでした。

本当の自分が大切うに思う人物はビアンカという事に気づいたリュカ。
自分自身でもビックリして動揺しています。
「気を遣わずに何でも言いあえる人が本当に大切な人」という言葉を思い出すのでした。

ルドマンに結婚の取り消しを申し出ます。
本当に大切な人に気づいたと説明してもお怒りのルドマンですが最終的にはリュカの気持ちに応えてくれます。
そしてリュカの旅の応援をするのでした。

酒場でビアンカに婚約破棄した事を報告するリュカ。
「マジでーー!!? あんた馬鹿なの?アホなの?何考えてんの?」とビアンカに激しく罵られるリュカ。

本当に大切な人に気づいたと伝えるリュカ。
しかし、ビアンカはこの街の女にパフパフでもしてもらって、その女の事かと言われる始末。
誰の事が分かってないビアンカ。

「大切な人は信頼が出来て背中を預けられる女性だ。」と酒場の階段をのぼりながら話すリュカ。
後を付いてくるビアンカ。
ついに自分の事だと気づいたビアンカは頬を赤くするのでした。

そしてリュカが発言を続けようとした時に「待って・・・!だめ! それこそ気の迷いだから・・・絶対に後悔するから、口にしたら・・・」と遮るのでした。
しかし「リュカ・エルケル・グランバニアは願う。どうか僕と生涯の相棒になってください。」とプロポーズするリュカ。

「言っちゃったね・・・。もう戻せないんだからね。その気になっちゃったんだからね・・・。」と嬉し泣きするビアンカ。
むちゃくちゃ可愛かったです。
めでたく2人は婚約したのでした。

酒場から出ていく占いの婆さんを発見するリュカ。
本当の自分に出会えたようだねとお見通しの婆さん。

リュカは自分でも気付いてなかった本当の気持ちを分かっていた婆さんに驚いています。
女の勘ををなめるなと笑みを浮かべて去って行くのでした。

その後に建物の裏に移動していた婆さんはあたふたしていて慌てています。
身体から煙が噴き出すとフローラの姿になったのでした。

実はこの占いの婆さんはフローラがアイテムを使って変身していた姿だったのです。
ビアンカの気持ちに気づいていたフローラがリュカに本当の気持ちに気づかせてあげたのです。
ちょっと後悔している健気なフローラーでした。

この結婚話は個人的には凄くよかったです。
まさかフローラが変身しているとはまったく予想が出来ませんでした。
良い意味で裏切られました。

映画ドラクエの結末をネタバレ

リュカと勇者の息子の2人でゲマをついに倒しました。
しかし、瀕死のゲマはマーサを取り込みついに上空にある魔界の門を開けたのでした。
最後の力を振り絞ったゲマは消滅。

ついに魔王ミルドラースが上空からやってくるのか?
勇者の息子アルスが天空の剣を上空の魔界の門に投げ込み封印に成功!

その瞬間にリュカ以外の時間が止まったかのように全てが停止。
動けるのはリュカのみ。
何が起きたのかが分からずにうろたえているリュカ。

上空から白い仮面を被った謎の人物か急にリュカの元に現れるのでした。
見た目は今回のドラクエのキャラとはかけ離れています
「お前がミルドラースか?」と問うリュカ。

仮面の謎の人物が言います。
「自身はミルドラースのキャラクターコードに擬態して進入したウイルスです。」

そして昔にドラゴンクエストというゲームが爆発的にヒットしたと述べます。
スーパーファミコンのカセットが表示されます。

それから長い年月がたって最先端の技術でドラゴンクエストが遊べるようになったのだと言います。
この世界は現実世界の青年がVRマシーンで冒険しているゲームの中の世界だという衝撃的な発言をするのでした。
その青年がリュカとして冒険しているのです。

リュカはゲームのキャラに成りきるために現実世界の記憶を一時的に消されています。
更に、ゲームの世界では何年も経過しているが、現実世界では数時間程しか経過していないと述べます。

そして「マッピングオフ」「グラビティオフ」「コリジョンオフ」とつぶやく謎の人物ことウイルス。

そうすると3Dのビアンア達のキャラや背景から色が抜けて真っ白に変貌。
そしてプログラムデータが消滅するかのように消えていくのでした。

なぜこの世界を滅ぼすのかと謎の人物(ウイルス)を問い詰めるリュカ。
ウイルスである自分を作って送りこんだのはVRマシーンでゲームをするような人間を嫌う天才プログラマーとの事。

そんな天才プログラマーからの伝言は「大人になれ。」との事。
ゲームなんて無意味で価値のないものだと述べています。
強引に現実世界に戻そうとしてくるウイルス。

現実世界の記憶を思い出すリュカ。
リュカとしてゲームに入っていた人物はサラリーマンのような服装です。
文明が進んでいる世界でドラクエのVRマシーンに入っています。
VRマシーンのオペレーターと会話して主人公の名前を「リュカ」に決定。
幼少時代をスキップするように設定。

そして毎回結婚相手にビアンカを選択しているので、今回はフローラを選択するように暗示をかけます。
それがゲーム設定に反映されるのでした。

現実世界の事を思い出し自身が仮想のVRゲームの中にいる事を思い出すリュカ。
ウイルスに消されそうになっているリュカは必死に抵抗しています。
ハッカーやウイルスにはVRゲームで遊んでいる人の気持ちは判らないと叫びます!

そしてリュカとしてゲームしていた人物の子供時代の映像が流れます。
誕生日に親からスーパーファミコンのドラクエVのカセットをプレゼントされて遊んだ思い出です。
その後に学生になってもゲームに夢中になっている姿がありました。

ゲームの世界は例えプログラムでも決して嘘ではなかったとウイルスに伝えます。
仲間と過ごした時間は本物で、今回の旅も戦いも出会いも全部自分の心に残っていると叫ぶのでした。

それは虚無で幻影だと言い返すウイルス。
「違う!もう1つの現実だ!」と叫ぶリュカ。

ウイルス(謎の人物)に消されそうになるリュカ。

その時に仲間のスライムことスラリンが目の前に立ちはだかるのでした。
「惑わされるな!意識をしっかり持て!」と渋い声でしゃべりだすスラリン。

スラリンは「アンチウイルス」で冒険の最初からずっと監視していたと発言。
ロトの剣の形をしたワクチンをリュカに渡すスラリン。
その剣でウイルス(謎の人物)を消滅させたのでした。

ウイルスが消えた事によりドラクエの世界は元通りになったのでした。
謎の人物(ウイルス)が現れる直前からストーリーが開始です。

ゲマを倒して魔界の門を封印出来た事に喜ぶビアンカや息子の勇者アルス。
ヘンリーやプサンなどの仲間も全員無事です。
そして故郷のサンタローズに戻っていくのでした。

故郷のサンタローズが見下ろせる緑が生い茂る丘の上にたたずみます。
サンタローズに戻ったらエンディングになり現実世界に戻る事を分かっているリュカ。
目の前にはビアンカ、息子アルス、ゲレゲレ、スラリンがいます。

これがたとえゲームの中の世界だったとしても自分にとってはかけがえのない物で忘れる事はないと再認識するリュカ。
打ちあがっている花火を皆で眺めているのでした。
「そうだ・・・僕は勇者だったんだ・・・。」と呟くリュカ。
そしてエンドロールという形で締めくくりです。

まとめと感想

私は1992年の発売日にドラクエVを購入して5回くらいはクリアしています。
その後の2004年に発売されたプレステ2のドラクエVのリメイク版もプレイしています。
何回やっても結局はビアンカと結婚していました。

もう最後にやったのが10年以上も前なので、ストーリーの細かい部分までは覚えていません。
おおまかなストーリーは把握しています。

そんな私にとっては今回の映画は凄くよかったと感じました。
もちろん結末の部分を除いてですけどね。

ゲームであれば子供は男女の双子が生まれるのですが、今回の映画では男の子のみでしたね。
個人的には双子で登場させて欲しかったとは思います。

今回はドラクエVの映画化ではなくてドラクエVの話を元にした映画です。
色々と省略されたり改変された部分は仕方ないとは思います。
しかしウイルスやアンチウルスの部分は全てカットしてミルドラースを普通に倒して完結でよかったのではないかなと思います。

ゲームなんてものは時間の無駄で、ゲーム内で最強になったとしても何の意味もないという大人たちのメッセージです。
その事をウイルス(謎の人物)が代弁していました。

ゲームの時間は無駄ではなく、かけがえのない思い出や本人に成りきって冒険もして自身にとっては素晴らしい体験で価値のあるものだと言う事がラストで伝えたかったメッセージのようですね。
映画のタイトルが「YOUR STROY」という事なのにも納得ですね。

映画を鑑賞したドラクエファンやゲーマーたちは、そんな事は分かっています。
そんな当然の事を映画の結末に無理やり捻じ込んできた事にかなり御立腹の様子。

今回の映画は、この部分でかなりの批判を浴びて炎上しているようですね。
しかも脚本を担当した山崎貴監督がドラクエVをプレイした事がなかったという事実も更に炎上に拍車をかけていますね。

個人的にもラストのウイルスやアンチウイルスの部分はまったく必要ないと感じました。
むしろ、この10分くらいの部分は全てカットでよいと思います。

今後、ブルーレイなども発売されると思いますが、もう1つの結末という事で別のエンディングを収録した物を用意してほしいですね。

【追記】
2回目の観賞をしてきました。
分かっているとはいえ最後のオチの約10分くらいの時間はとても耐えがたかったです。
残念で悲しい気持ちが自分にも溢れてきました。
もはやバツゲームです。

周囲の客席から流れる冷えた空気と圧迫感が凄まじかったです。
自分自身も耐え切れなくて席を立ちたくなるくらいの空気が流れていました。
もうずっと目を閉じていて耐えていた自分がいます。

やはりDVDやブルーレイにする場合にカットするか別のエンディングを用意した方が良いという気持ちが更に強くなりました。

映画ドラクエのつぶやき

  • 最後の10分で一気に熱が冷めたわ
  • 「そして伝説へ・・・」の音楽が流れたのは良かった!
  • 最後にスーファミのカセットを映すとか必要ないでしょ?
  • ウイルスにやられてるのは監督の頭だろ?
  • ドラクエ5をプレイしている事が前提の映画やん
  • 映像が凄く綺麗でドラクエ未プレイでも楽しめた
  • 低評価と分かってて見に行ったけどラスト以外は良かったよ。
  • 史上稀ににみる駄作な映画
  • 最後は映画館の空気が凍って気絶したくなった。
  • ゲーム好きな自分としては許せない。
  • 誰のための映画なのか不明。ドラクエファンのためではないのは確実
  • ドラクエVに思い入れが強い人は楽しめない映画
  • 息子がいきなりギガデインを使ったのには驚愕
  • ドラクエの世界観が体験できてうれしい
  • ゲマがデスタムーアっぽくなってたね。
  • ゲレゲレじゃなくてチロルちゃんかーい
  • 幼少シーンをカットし過ぎやろ!
  • ラストシーンはドラクエの映画でやる必要は全く無かったよな。
  • 普通にミルドラースを倒してたら「ふーん」で終わった。あのラストはありかもしれん。
  • 戦闘シーンはワクワクとドキドキで凄かった!

映画の感想の記事はこちらもどうぞ
ドラゴンボール超の映画ブロリーの結末と感想 ゴジータブルー登場

シティーハンターの映画のネタバレと感想!年齢や続編について考察

コメント

  1. 匿名 より:

    オチは音楽もなく無音なので映画館が静まり返る。
    ポップコーンをかじる音が響くほど。

    鑑賞した人達の何とも言えない冷えた空気に耐えきれない結末だった。

  2. 匿名 より:

    話がとびとびで省略されすぎな感じ。 
    オチを削って省略した部分を補填すべき